脳波制御のインターフェース、実演


いわゆる人格移植OS。そのうち、軍事利用されそう。

脳波制御のインターフェース、実演

 > ベルリン・ブレ-ン=コンピューター・インターフェース(BBCI)は、
 > 脳波計(EEG)を使って脳内の電気信号を測定し、コンピューターで扱える命令に変換する。
 > CeBITでは、カーソルを動かそうと考えるだけで、
 > テキスト文書を作成したり『ポン』(Pong)[米アタリ社が
 > 1972年に発売したゲーム]で遊んだりできる、このインターフェースの実演が行なわれ、
 > 脳の活動を検出する多数のセンサーがついたクールなキャップも披露された。
ちょっと前に、ペンタゴンの研究機関「アルパ」が、
サメの脳に電極を指して軍事利用するというニュースがありましたね。
参考:脳がコンピュータを動かし、道具を使う (NHKスペシャル) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です