美濃和紙 [Link]Wikipedia


ということで、美濃和紙の産地、
岐阜県美濃市にきちゃいました。
酒屋やパン屋さんなどもいいかんじだ。

 > 江戸時代
 > 江戸時代になると、専売制度の下に特産地として育成され、
 > また、町人層の需要拡大によって大量生産され、
 > 特に障子紙として使用されるようになり、
 > 美濃判として障子の規格となるに至り、
 > 「みの」と言えば障子のことを指すようにまで普及した。
 > 因みに、すだれは伊予が、疊は近江が代名詞となった。
 > 1600年(慶長5年)関ヶ原合戦の功により
 > 徳川家康からこの地を拝領した金森長近は、
 > 長良川畔に小倉山城を築城。1606年(慶長11年)頃に現在の町割りが完成した。
 > また、長近は長良川に上有知湊(こうずちみなと)を開き、経済の発展を目指した。
 > 金森長近没後の1615年(元和元年)に尾張藩領となるも、
 > 上有知湊は船運による物資集散の拠点として和紙を中心とした経済活動が進み、
 > 商業都市として繁栄していく。
 > 紙問屋
 > 美濃では和紙の原料を余所から輸入して生産していたため、
 > 様々な原料を使用して製紙が行われ、必然的に製紙技術が向上したが、
 > その反面、原料を輸入し、完成した和紙を輸出する紙問屋に
 > 強く依存する生産者にとって不利益な経済体制を採らざるを得なかった。
 > 製紙業の家庭の養女は養女奴隷と呼ばれていたが、
 > 製紙業の家庭も紙問屋の奴隷であった。
 > 現代では、製紙業は巨大な製紙メーカーとして
 > 問屋を圧倒し、力関係は逆転したが、
 > 伝統的な和紙は現在も零細経営の和紙職人の手によって生産されている。
参考:
美濃和紙の里会館ホームページ [Link]
美濃市観光協会 [Link]
照明器具なら和紙の照明。和風からモダンなインテリアライト [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です