美濃和紙あかりアート展イン新宿 [Link]新宿区内各所



新宿に美濃和紙あかりアート展がやってきてます。
クリスマスイルミネーションのかわりに、
冬至に和紙のあかりでつくった風景っていうのはなんだかいいなあ。
 日程:2007年12月21日・22日
 時間:16:00~21:00
 場所:新宿区内各所
     21日=新宿駅東口モア4番街(新宿区新宿3)
     22日=オレンジコートショッピングセンター(新宿区大久保3)
 > 今年で14回目となる同展は、岐阜県美濃市で毎年行われている
 > 「闇とあかり・光と影」に視点を置いたイベントで、
 > 「美濃和紙」を使ったアート作品を全国から募集し、
 > 美濃市内の「うだつの上がる町並み」
 > (重要伝統的建造物群保存地区選定)全体を会場として展示し、コンテストを行うもの。
 > 新宿区では美濃市の協力を受け、
 > 今年の優秀作品22点を同区内の会場で展示し、美濃和紙の販売も行う。
 > 美しく丈夫で細かな風合いが特徴の「美濃和紙」は1300年以上の歴史を持ち、
 > 1600年の関ヶ原合戦では、徳川家康が武儀郡御手洗村
 > (現在の美濃市御手洗)の彦左衛門らに美濃和紙で采配(さいはい)の紙を
 > 作らせたという逸話も残っているほど、古来から評判が高かったという。
 > 同展では、灯りを美濃和紙で包んだオブジェを中心に、和テイストあふれる美しい作品が並ぶ。
参考:
光と影のオブジェ展-「美濃和紙あかりアート展イン新宿」 (新宿経済新聞) [Link]
第11回美濃和紙あかりアート展 [Link]
美濃和紙あかりアート展 [Link]
美濃和紙あかりアート | EXPO 2005 AICHI,JAPAN [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です