美しき日本-大正昭和の旅展 [Link]Beautiful Japan-Tourism in the 1910s-30s



日本文化つながりでこんな展示をメモしておこう。
1937年(昭和12年)の氷川丸一等客ディナーのためのメニュー。
表紙に描かれた浮世絵の美人画を模写。
展示会のパンフレットにも使われている「Beautiful Japan」(1930)もなかなか良い。
こういうポスターつくってみたいな。
 日程:2005年8月30日(火)~10月16日(日) 9:30~17:30 *木・金曜は20:00まで
 休館:月曜日休館 (ただし、9月19日、10月10日は開館し、翌日休館)
 場所:東京都江戸東京博物館 (両国)
 > 日本の風景を伝えた川瀬巴水の版画や、幻灯原板、ポスター、旅行用品など、
 > 大正から昭和の旅にかかわる約600点の資料から、日本の「美」と「旅」にせまる展覧会です。
 > 本展は、美しい日本の旅を伝えた版画家川瀬巴水の作品や、
 > 外国人誘致のために制作した映画やポスター、郷土の名産品など約600点の資料から、
 > 当時の観光ブームの背景と展開を取り上げます。
 > 現代の観光の状況や、みなさんご自身の旅の風景と重ねてご覧いただければ幸いです。
参考:毎日新聞イベント紹介 [Link] / 江戸が知りたい。東京ってなんだ?!(日刊イトイ新聞) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です