結露


結露 [Link]
Wikipedia

 結露の種類―発生箇所による分類―
 > 表面結露
 > 一般に結露といえば、表面結露を指す。 冬季、窓ガラスやアルミサッシで発生する場合は、
 > 水滴は排水孔を通って排出されるが、室内の湿度が減少する。
 > その結果加湿器を作動させることになり、ますます結露を起こさせる悪循環が生じる。
 > 複層ガラスと断熱サッシュを用いると表面結露は起こらなくなる。
 > すると湿度が下がらなくなり、壁の内部で結露が起こりやすくなる。
 > 内部結露は発覚しにくく、躯体の損傷をひき起こす。
 > 内部結露
 > 建物の室内側に防湿層がなく、室内で発生した水蒸気が壁体内に侵入する場合に発生する。
 > これにより、木材や断熱材等の腐敗や劣化が進み、建物の寿命が短くなる。
 > 主に冬に起こるが、エアコンの完備により夏季にも起こりうるようになった。
 > 建物ではないが布団が湿るのも同じ原理である。
 > 体表部の温度は36℃程度で水蒸気を発散している。
 > 布団の厚みの中で、外に向かって徐々に温度が下がっていく(これを温度勾配という)。
 > 室温が低いと布団の中で結露が起きるので布団は湿り、頻繁に干さなければならない。
 > これを防ぐには室温が下がらないように保温し、
 > 布団の中で結露が生じないようにすることである。
 結露の種類―発生原因による分類―
 > 冬型結露
 > 暖房された室内の水蒸気の量が多いと冷たいガラス、
 > サッシュ、壁の中の温度勾配で露点以下の部分で生じる。
 > 夏型結露
 > 夏季の地下室やエアコンがよく効いた部屋の冷たいものに、
 > 高温多湿な外の空気が流れ込んで接触することで、発生する。
 > また冬型結露の逆で、エアコンでよく冷やされた建物では、
 > 外部の湿った空気が壁の内部に進入し温度勾配の露点温度以下の部分で発生する。
 > 壁の外部にも防湿膜を設置することにより避けることができる。
 > 日本での報告例はまれであるが、
 > アメリカのフロリダ・ミシシッピ州あたりの高湿地域でよく起こる。
参考:
住い造りのサイエンス | 結露と換気不良を科学する [Link]
結露 – 住宅用語集 All About [Link]
結露はなぜ起こる (ADS計画研究所) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です