第11回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 – 国立新美術館

第11回 文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 [Link]
国立新美術館

だいぶ前にメモした文化庁メディア芸術祭 受賞作品展が
本日2月17日まで国立新美術館で開催中です。
公式サイトで受賞作品の映像を一部みることができます。
下の映像は、佐藤 雅彦+ユーフラテスによる
“ISSEY MIYAKE A-POC INSIDE.”
 日程:2008年02月06日~17日
 時間:10:00~18:00 *金曜日は20:00まで
 場所:国立新美術館
 休館:火曜休館

 > 世界43の国と地域からの応募作品は過去最高となる2,091点。
 > その中から選ばれた、アート、エンターテインメント、
 > アニメ、マンガの優秀作品、約160点を紹介。
 > メッセージ性の強い革新的な作品の数々を、
 > ジャンルを横断してご覧いただくことができます。
 > また、SIGGRAPH「Electronic Theater」オリジナルフルバージョンの上映や、
 > 映画「マトリックス」などで使われている
 > CG技術を開発したポール デベヴェック氏の作品解説、
 > 個性豊かなパネラー陣によるシンポジウムや上映会はメディア芸術祭ならでは。
参考:
文化庁メディア芸術プラザ [Link]
平成19年度(第11回)文化庁メディア芸術祭 受賞作品 [Link]
文化庁メディア芸術祭 – Wikipedia [Link]
文化庁メディア芸術祭、Web作品ではニコニコ動画も展示 [Link]
台風前線 2 – 参加型メディアが可視化する最前線の台風情報 [Link]
第11回文化庁メディア芸術祭特設ブログ [Link]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です