盲目の科学者―指先でとらえた進化の謎 [Link]著 ヒーラット ヴァーメイ、原著 Geerat Vermeij、翻訳 羽田裕子



というわけで、盲目の生物化学者
カリフォルニア大学のヒーラット・バーメイ(Geerat Vermeij)教授をメモ。
こういう人、ほんとすごいなと思う。
 > 目が見えなくても、夢はかなう!
 > わずか3歳で失明した少年は、10歳にして科学者の道を志す。
 > 全盲の進化生物学者が、挑戦の連続の半生を語る、感動の自伝!
 > 常に前向きな挑戦が、道を切り開く!
 > 目が見えないということは、能力がないということではない。
 > この本の著者、ヴァーメイ博士は、みずからの人生でそれを証明した。
 > 博士の指先は、さわっただけで貝の種類を見分けることができる。
 > 世界中の海に出かけて研究を行い、普通の人の目は見落としていた、
 > 生物進化の謎を解き明かしていく。
 > 目が見えないということは、能力がないということではない。
 > この本の著者、ヴァーメイ博士は、みずからの人生でそれを証明した。
 > 博士の指先は、さわっただけで貝の種類を見分けることができる。
 > 世界中の海に出かけて研究を行い、普通の人の目は見落としていた、
 > 生物進化の謎を解き明かしていく。
 > 全盲の進化生物学者が、挑戦の連続の半生を語る、感動の自伝。
 > Amzon.co.jp より
参考:
Science Book Review 盲目の科学者 指先でとらえた進化の謎 [Link]
The Shape of Life . Dr. Geerat Vermeij | PBS [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です