皮膚と損


われわれの皮膚の色が変わらない限り、
われわれにだけ課せられた損は
永久に背負っていくものと覚悟しなければならぬ。

谷崎潤一郎 陰翳礼賛 [Link]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください