狩人の矛先



社長との雑談の中で、なんだか響くものがいくつかあったのでメモ。
だいぶ意味不明でごめんなさい。
 「観光都市になるか企業の大規模工場誘致、その二極化。」
 「これは自分がやるしかないという仕事。
 それが本当にお金にならなくても無条件に夢中になれる仕事」
 「上方落語は死んだという新聞の見出しを見た。
 食べることなんかなにも考えなかった、上方落語の将来のことだけ、
 それは一種の使命感でしょうね(これは、桂米朝さんの言葉)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です