特集:ダイアグラム・地図作成法 [Link]idea アイデア (2007年9月号)



今週のアイデアが地図ダイアグラム特集だ。
ついつい買ってしまった。特集インタビューは杉浦康平さん!
 名称:idea アイデア
 日程:2007年9月号
 参加デザイナー:
 杉浦康平、中垣信夫、牧谷孝則、高田修地、森下暢雄、
 勝井三雄、小島良平、木村博之、戸田ツトム、松田行正

 特集:ダイアグラム・地図作成法
 > 1960年代後半から70年代にかけて台頭してきた日本のデザイナーによる
 > ダイアグラムや地図作成の実践。地理、交通、時間、身体、歴史と、
 > あらゆる事象を取り上げながら独自の展開をみせてきた、
 > この分野におけるデザイナーたちの試みを、3つのテーマに焦点をあてて紹介する。
 >  「統計・人口・領土」のセクションでは、
 > 統計データや人口現象などを視覚化した統計図表や、
 > 人々の空間意識を捉えなおす主題地図をはじめとして、
 > 情報誌「ぴあ」における都市のカルチャーマップ、
 > 大阪万博や筑波科学博といった国家的イベントに際して発揮された
 > 地図作成技術の成果などを紹介する。
 > それにつづく「身体・運動・健康」のセクションでは、
 > 寿命、生殖、健康管理、運動など、私たちの人間の身体や、
 > その生存に深く関わるテーマの図解表現をとりあげる。
 > 最後の「知識・記憶・歴史」のセクションでは、時間軸にそって歴史を俯瞰的に展望したり、
 > ものごとの意味をわかりやすく図解するだけでなく、
 > 世界の見えない様相を作図化しいていくようなダイアグラム表現の新たな可能性を探る。
 > また、ダイアグラムや地図作成に関わってきたデザイナーたちへの
 > インタビューを多数収録し、実践的な技法や制作のプロセス、
 > 背後の影響源や思考に迫る。
 杉浦康平 インタビュー「生成する図、 呼応する生」
 > 「時間軸変形地図」「犬地図」「味覚地図」など、
 > 新たな世界像を描きだす先駆的な試みによって、
 > 地図やダイアグラムの可能性を拡張しつづけてきた杉浦康平。
 > その多視点的思考と図像の生成の原理を説きあかす、約20,000字のロングインタビュー。
 > さらに杉浦自身の構成・デザインによって「時間軸変形地図」と
 > 「時間地図の原理」をモデル化し、
 > その多様なる試みを紹介した特別記事と4つ折りポスターを収録する。
 特別企画:多様なる「時間のひだ」を地図化する
 > 綴じ込みポスター:「時間軸でみる日本列島」
  
参考:
杉浦康平個展 | CREATIVE WORLD LIVE 2007 | クリエイティブ ワールド [Link]
杉浦康平 (Wikipedia) [Link]
松岡正剛の千夜千冊『かたち誕生』杉浦康平 [Link]
杉浦康平アジア図像の世界 [Link]
グラフィックアート情報誌 idea-mag.com 誠文堂新光社 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です