爆笑問題×京大 独創力! – 爆問学問 爆笑問題のニッポンの教養


爆笑問題×京大 独創力! [Link]

たぶん、独創力について、考えしまったのは、
作業しながらこの放送をみていたから。
動画はこちら

【レポート】爆笑問題が白熱のトークバトル
さまざまな分野で研究の最先端にいる学者たちと爆笑問題のスリリングなトークが好評の『爆笑問題のニッポンの教養』(NHK総合 毎週火曜 23:00~23:30)。その90分拡大スペシャルの公開収録が15日、京都大学で行われ、およそ400名の京大生が熱く見守る中、尾池和夫京大総長ら7名の京大教授陣と爆笑問題が3時間を越える舌戦を繰り広げた。
レギュラー週では1人の学者にスポットを当て、その研究室を爆笑問題が訪ねているこの番組。学生たちを前にした公開収録スペシャルは、2006年に東京大学で、2007年には慶應義塾大学でと過去2回行われているが、関西の大学では京都大学が”初”となる。
トークのテーマは”独創力”
日本を代表する哲学者の西田幾多郎、湯川秀樹ら5名のノーベル賞受賞者、記憶に新しいところでは、世界で初めてヒトの皮膚から”万能細胞”を作った山中伸弥教授など、世界に誇る独創性豊かな研究者を数多く輩出してきた京大にちなみ、今回のトークテーマは「独創力!」。会場となった大教室には「教室がこんなにいっぱいになってるの、初めて見た」と尾池総長もビックリするほど超満員の学生たちが詰め掛けた。
まずは京大生たちを対象にアンケートを行ったという「独創的だと思う人物ランキング」が発表され、多少のヨイショ? もあってか”太田光”が世界的な偉人より上位にランクされていたり、1位にはその太田が「意外! 京大生の回答自体が”独創”的」と驚く人物の名前があったりと、いきなり京大の”独創力”が発揮される結果に。続いてそれぞれの専門分野で「独創的だと思う人物」を挙げた教授陣も、コメントの端々にちょこちょことジョークを挟んで笑いをとるのだが、これもまた関西ならではの自由な気風か!?
太田と教授陣が次第にヒートアップ!
さて、そんななごやかなムードでトークは進むかと思いきや、ここで太田が噛みついた! 教授たちが挙げるのは、遺伝学の祖と呼ばれるグレゴール・ヨハン・メンデルなど、現在こそその学説が定説となっているが、発表当時はそれまでの常識を真っ向から否定するトンデモ説として大バッシングを受けた学者たち。もし今、そんな説を口にする者が目の前に現れたら「先生の研究人生を全否定するかもしれない。そんなやつが出てきたら『負けたくない!』って本気でケンカするでしょ?」と迫る太田に、最初は「新しいことが明らかになるのは科学者の喜び」と冷静に反論していた教授も、次第に語気は熱を帯び、半ばケンカ腰? の論争が勃発。さらに客席の学生から「”独創力”はいいものだという前提がおかしい!」という意見が飛び出すなど、爆笑問題と教授陣のみならず、会場全体を巻き込んだ白熱のトークバトルへと展開していった。

  
参考:
爆笑問題のニッポンの教養 | 過去放送記録 | 特別:爆笑問題×京大 [Link]
爆笑問題のニッポンの教養 動画 「特別:爆笑問題×京大 独創力!」 TV小僧 [Link]
爆笑問題のニッポンの教養 – Wikipedia [Link]
爆笑問題のニッポンの教養 ブログ記事一覧 – にほんブログ村キーワード [Link]
【レポート】爆笑問題が白熱のトークバトル – “西の雄”京都大学に [Link]
どんぐりの背比べ 爆笑問題×京都大学 [Link]
ZAWAlog KYOTO | 京大に爆笑問題がやってきます! [Link]
京都大学新聞社/Kyoto University Press » 爆笑問題、教授と激論 [Link]


「爆笑問題×京大 独創力! – 爆問学問 爆笑問題のニッポンの教養」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です