漫画家・手塚治虫 こどもたちへ [Link]NHKスペシャル ラストメッセージ



手塚さんの放送。去年の11月に放送したものを再放送するそうです。
がんで亡くなる3ヶ月前の講演の映像。
 番組:NHKスペシャル ラストメッセージ NHK総合
 日程:2007年03月11日(日)
 時間:24:40~25:40 (翌日深夜)

 > 700もの作品を残した漫画の神様・手塚治虫。
 > どんなに忙しくても子供への講演は断ることなく
 > 「命の大切さ」を直接語りかけ続けた。
 > この度、がんで亡くなる3か月前に中学校で行った最後の講演の映像を入手。
 > 生涯のテーマとして命にこだわり続けた背景にあるさまざまな体験を、
 > 声を振り絞って子供たちに語っている。
 > 番組では、手塚の最後の3か月間と生涯かけて残した作品を行き来し、
 > 手塚の「いのちのメッセージ」を見つめる。
 > “漫画の神様”と呼ばれ、世界に普及したジャパンアニメの源である手塚治虫。
 > 手塚は、自らの悲惨な戦争体験と医学生の時、人間の死を見つめた経験から、
 > 子どもたちに生涯を通して「いのちの大切さ」を訴え続けた。
 > 膨大な仕事量に追われながらも子どもへ向けた講演会を繰り返し行っていたが、
 > ガンで亡くなる3か月前に行われた最後の講演での姿を
 > 記録した貴重な映像を今回入手できた。
 > 映像の中で、手塚は自らの戦争体験を語り、「鉄腕アトム」や「ブラックジャック」「火の鳥」を
 > 即興で描いて作品に込められた思いをぶつけている。
 > そこには、我が身を削りあらん限りの声を振り絞って「生命の尊厳」について語る
 > 人間・手塚治虫の最後の姿がある。
 > 『宇宙の中のちっぽけな星に何十億もの人間が住み、無数の生物が同棲している。
 > 脆い地球でお互い争い自分たちのことだけしか考えない、そんな未来はいらない。
 > 人間を愛し、生き物すべてを愛するような子どもに是非なってほしい』番組では、
 > 最後の3か月間の姿と、生涯かけて残した作品群とを行き来し、
 > 今も圧倒的影響力を与え続けている「手塚ワールド」=「いのちのメッセージ」をみつめてゆく。
参考:
漫画家・手塚治虫 NHKスペシャル (sakana no makimono) [Link]
宮崎駿 創作の秘密 NHK プロフェッショナル仕事の流儀 (sakana no makimono) [Link]
漫画家・浦沢直樹 NHK プロフェッショナル仕事の流儀 (sakana no makimono) [Link]
ゴルゴ13 劇画家 さいとう・たかを カンブリア宮殿 (sakana no makimono) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です