演劇練習館 劇場へのリノベーション[Link]河合松永建築事務所



INAXのサイトを見ていて偶然みつけたこれ、ペピンポートの劇場化のためにメモ。
名古屋にある配水塔をリノベーションして
配水塔から図書館、図書館から演劇練習館へと機能が移り変わったようです。
 > 「アクテノン」は当初、旧稲葉地配水塔として
 > 名古屋市西部地区の都市化にともなう上水道供給を目的に建設された。
 > その外観を特徴づけている16本の列柱は、
 > 急遽大きさが変更となった最上部に位置する
 > 3,930立方メートルもの水槽を支えるために施された補強構造である。
 > しかし、この特徴的な16本の列柱による神殿のような佇まいが
 > 地域のランドーマークとして人々に親しまれ、
 > 時代の要求と共に配水塔から図書館、
 > 図書館から演劇練習館へと二度の転用をしながらも、
 > 今なお当初の佇まいを70年近く留めている。


「演劇練習館 劇場へのリノベーション[Link]河合松永建築事務所」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です