気象観測の精度 [Link]スーパーコンピュータの更新及び数値予報等の改善



先日、ミーティング中に友人の携帯に”雨雲アラーム”が届く。
窓の外をみてみるとたしかに雨がふりそうな黒い雲が浮いている。
調べてみたら結構、昔からあるサービスのようなのですが、
窓の外をみることがあまりないオフィスや研究室にこもりっきりの人には結構便利かも。
それに関連してメモ。
今日から運用する気象庁のスパーコンピューターによって
気象予報の精度があがるそうです。
このデータをつかってなにかできないか、もくもくとアイディアが沸いてきます。
 1 新しいスーパーコンピュータシステムの導入
 台風や局地的集中豪雨に対する予測精度の向上や防災気象情報の高度化、
 天気予報・季節予報の精度向上を図るため、新しいスーパーコンピュータシステムの運用を、
 平成18年3月1日09時(日本時間)より開始します。
 2 数値予報モデル等の改善
 平成18年3月1日から、レーダー・アメダス解析雨量と降水短時間予報を
 1km四方の格子ごとに計算するとともに、
 メソ数値予報モデルを5km四方の格子ごとに1日8回計算することにより、
 豪雨等に関する防災気象情報の充実を図ります。
 また、アンサンブル予報の改善により、週間天気予報・季節予報の精度向上を図ります。
 平成19年には、台風予報の精度向上を図るため台風アンサンブル予報モデルの運用を開始するほか、
 全球数値予報モデルや波浪モデル等の改善を行う計画です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です