染井吉野


染井吉野 [Link]

鎌倉へ自転車で行き、花見散歩。一般公開されている旧川喜多邸へ。
ソメイヨシノは、人の手によって接木しないと繁殖することができない。
そして、株分けのクローン植物であるがゆえ寿命が短い。
現在、日本に植えられているソメイヨシノの多くは
戦後復興の時に植えられているので、
寿命60年説が正しければそろそろ一斉に枯れてしまう。

> 江戸時代末期に品種改良して作成された園芸品種とされる。
> 江戸末期から明治初期に、江戸/東京の染井村(現在の東京都豊島区駒込)
> の植木屋が「吉野桜」と名づけて売り出したことによるというのが通説。

> ソメイヨシノ(Prunus × yedoensis)は、
> エドヒガン(P. Pendula Maxim. f. ascendens)と
> オオシマザクラ(P. lannesiana var. speciosa)
> の雑種が起源であることが遺伝子調査から明らかになっている。

> 江戸時代末期に園芸種として生まれ、
> 接ぎ木や苗木で増やすクローン植物なので木の成長が早いこと、
> 一斉に咲き開花が華やかであることが好まれ、
> 明治以来、さらには戦後にも、日本中に植えられた。
> ほぼ日本全域に分布するもっともポピュラーな桜であり、
> 遺伝子が同じなので条件が揃えば一斉に開花するため、
> サクラ前線も、本種の開花状況が基準となっている。

> しかし、ソメイヨシノには大きな欠点がある。
> 寿命が短く「60年寿命説」も唱えられているくらいで、
> 30年過ぎたあたりから樹勢が目に見えて衰えてくる。
> これは、株分けのクローン植物の性質上分裂を繰り返した遺伝子のため、
> 情報にエラーが生じやすく元来種としての寿命が短いことが原因と見られる。
> 今あるソメイヨシノの大半が昭和天皇の即位の時や、
> 戦後すぐ復興のシンボルとして植樹されたもので、
> 樹齢が50年を超え、ひとつの時代の節目を迎えようとしている。

> wikipedia [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です