東松照明 「Tokyo曼陀羅」 [Link]東京都写真美術館



写真美術館で東松照明さんの写真展やってます。
これは見に行かなくては。
東松さんの写真は沖縄の写真が印象的。
以前、NHKの特番で現地の写真家との対談を放送していて、
「東松さんの写真は綺麗過ぎる、沖縄の本質をとらえていない」
と現地のカメラマンが東松さんに食って掛かっていたのが印象的です。
それに対して東松さんは、
「私の写真が彼を怒らせたのであれば、それこそが私の写真が成功している証だ」
とさらりとかわしておりました。
生活者と来訪者の視点の違いが興味深いところ。
 日程:2007年10月27日 ~ 2007年12月16日
 時間:10:00~18:00 *木金は20:00まで
 場所:東京都写真美術館
 料金:一般 800円、学生 700円、中高生・65歳以上 600円
 休館:月曜
 > 東松照明は1950年代から今日に至るまで、さまざまな作品シリーズを発表し続け、
 > 名古屋、東京、沖縄、千葉、長崎と拠点を変えながら
 > つねに日本の写真表現を切り開いてきた、戦後を代表する写真家です。
 > 本展「Tokyo曼陀羅」は、「長崎マンダラ」(長崎県立博物館・2000年)、
 > 「沖縄マンダラ」(浦添市美術館・2002年)、「京まんだら」(京都国立近代美術館・2003年)、
 > 「愛知曼陀羅」(愛知県美術館・2006年)と、
 > 撮影拠点をキーワードに個別のテーマ性や時代性を解体して
 > 再構成する「曼陀羅」シリーズの最後に位置するものとなります。
 > 作品としては、20代から60代まで、東京を拠点として千葉、
 > 神奈川など関東一円で撮影された作品「占領」、「アスファルト」、
 > 「I am a King」や「新宿」、「プラスチックス」、「インターフェイス」など、
 > 東松の写真世界を代表する著名なシリーズに加えて、同時期、
 > やはり東京を拠点に各地での取材撮影でとらえた
 > 「恐山」や「桜」など重要なシリーズも展示いたします。
 > また、今回あらたにネガにまで遡って選び出された未発表作品を含め、
 > 当館のコレクションと新たにインクジェット・プリントで制作したものを合わせ、
 > 約300点で構成。それらの作品からは、日本を見つめ、
 > 日常と一体となりながら写真との関係性を表現し続ける
 > 写真家・東松照明のまなざしの原点と現在が浮かび上がるに違いありません。
 > ぜひ、この機会にご鑑賞ください。

参考:
東松照明 – Wikipedia [Link]
東松照明の世界 Produced by INTERFACE [Link]
The PHOTOGRAPHER/東松 照明 [Link]
東松照明作品のご紹介-Shomei Tomatsu- [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です