東京源流展 ~源流から解き明かす東京水圏の再生~ [Link]科学技術館 (千代田区北の丸公園内)



水つながりでこれをメモ。
稲バッチに予約してもらって科学技術館のシンポジウムにいってきました。
多摩川、荒川、利根川、東京湾、古東京川。
法政大学の神谷さんのプレゼンでは、
縄文海進~平安時代~戦国~江戸~明治~現代~未来と
東京の水環境の変化をみてゆく。これはいろいろと参考になりそうだ。
海の近くに住み、4歳で水泳をはじめ、プールの底から見上げる景色が好きです。
中学生の頃になんとなく自転車で近所の川を遡ってみたことに始まり、
大学を卒業しても水に関わる研究をする機会に恵まれているのはとても幸運なことだ。
これからも勝手きままに都市研究していこうと思います。
 日程:2007年01月10日(水)~14日(日)
 場所:科学技術館 (千代田区北の丸公園内)
 > 川をさかのぼり、歴史をさかのぼる東京源流展では、
 > 「源流の視点」から首都圏の水系と水辺の再生に取り組みます。
 > 2万5千年前の古東京川から、また日本の国が成立した
 > 千年前から現在、未来の東京湾、東京水系を展望します。
参考:
東京源流展ポスター(PDF) [Link]
法政大学大学院エコ地域デザイン研究所 / Laboratory of Regional [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です