東京大空襲 – Wikipedia


東京大空襲 (wikipedia) [Link]

> 3月10日未明のB-29爆撃機344機による爆撃は、
> 40km2の円周上にナパーム製高性能焼夷弾を投下して
> 東京の住民が逃げられないようにした後、
> 東京市の隅田川沿岸地区を中心にその円の内側を塗りつぶすように
> 約100万発(2 000トン)もの油脂焼夷弾、
> 黄燐焼夷弾やエレクトロン焼夷弾が投下された。
> 当夜は低気圧の通過に伴って強風がふいており、
> この風が以下の条件と重なり、大きな被害をもたらした。

中略

> このとき使用された焼夷弾は日本家屋を標的にしたものであり、
> 当時の平均的な構造とは違う作りをしていた。
> 通常、航空爆弾は瞬発または0.02~0.05秒の遅速信管を取り付けることで、
> 爆発のエネルギーを破壊力の主軸にしている。
> しかしこれでは木材建築である日本家屋に対してはオーバーキルとなる。
> そこで爆発力ではなく、燃焼力を主体とした「焼夷弾」が開発され、
> これが日本家屋の火災に対する衰弱性を直撃した。

中略

> 戦闘員に対する大量虐殺(ジェノサイド)は、明らかな戦争犯罪であるが、
> 極東国際軍事裁判がおもに戦勝国による裁判であったためその責任は問われず、
> また日本政府もサンフランシスコ平和条約により賠償請求権を放棄している。
> 空襲による正確な犠牲数も不明である。

参考:
10万人の犠牲から60年 都内で慰霊式 (朝日新聞) [Link]
Mid Tokyo Maps [Link]
NHKスペシャル 東京大空襲 60年目の被災地図 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です