そしてこんな本棚のアイディア。本棚と建築構造について同時に考えてみました。
本を開いて立てたような本棚。
ページの隙間が本。奥にいくにつれて狭くなっていく棚が中心に収束し柱となる。
ポエムの獣(ぺピン結構設計)の柱に取り巻くコンビニの棚にも似ています。
一家の大黒柱のような本棚。本好きの家族の住む家にどうぞ。