映画 ザ・マジックアワー – 三谷幸喜


映画 ザ・マジックアワー [Link]
三谷幸喜

というわけで映画つながりでメモ。
表題のマジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、
まだ辺りが残光に照らされている最も美しい時間帯」のこと。
転じて本作では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味する。
東宝スタジオ内で巨大セットで街並みを再現構築。
 > 『ザ・マジックアワー』(The Magic Hour)は、
 > 2008年6月7日に公開された日本映画。
 > 三谷幸喜監督作品第4作目。
 > 表題のマジックアワーとは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、
 > まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、
 > しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語。
 > 転じて本作では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味する。
  
参考:
映画「ザ・マジックアワー=The Magic Hour=」オフィシャルサイト [Link]
ザ・マジックアワー – Wikipedia [Link]
Yahoo!映画 – ザ・マジックアワー [Link]
ザ・マジックアワー:滑り出し好調で興収60億円? フジ-東宝 [Link]
ザ・マジックアワー – goo 映画 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です