映画監督 河瀬直美 [Link]NHK 課外授業ようこそ先輩



面白かったのでメモ。
先日、「殯(もがり)の森」でカンヌ映画祭でグランプリを受賞した
映画監督 河瀬直美さんがゲスト。
 番組:「アンコール放送 二十歳の同窓会」
 日程:2007年06月23日
 先輩:映画監督 河瀬直美
 > 8年前、河瀨さんは自分の母校である奈良市立飛鳥小学校で課外授業を行いました。
 > 「見つめてみよう、大切なもの」をテーマに、
 > 子どもたちは自分にとっての大切なものを、ビデオカメラで撮りました。
 > ビデオカメラという違う視点から見ることで、
 > 大切なものを改めて見つめなおすという授業でした。
 > 今回は8年前、課外授業をした河瀨さんと、
 > 授業を受けた子どもたちと再会の同窓会です。
 > 今年20歳を迎える子どもたちはどう変わり、どう生きてきたのか。
 > 大切なものはどう変化したのか。
 > また、変わらないものはどう彼らの中に生きているのか。
 > 8年ぶりの再会は、ただの授業ではありませんでした。
 > 河瀬さんにとっても子どもたちにとても変化の多かった
 > この8年を真剣に語り合うことで、先生と生徒ではなく、
 > 立場が同じという特別な関係を築きあげました。
 映画監督 河瀬直美 プロフィール
 > 1969年奈良生まれ。1997年には自らが生まれ育った奈良を舞台にした作品、
 > 「萌の朱雀」で、カンヌ国際映画祭カメラド-ル(新人監督賞)を史上最年少受賞。
 > 生き別れになったままの父親を探し求めた作品『につつまれて』や、
 > 育ての親・宇乃さんとの暮らしを1年に渡って見つめた『かたつもり』なども発表してきた。
 > 現在も奈良を舞台に、自らの体験や思いを伝える作品を数多く発表している。
 > 最新作「殯(もがり)の森」は第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でグランプリを受賞。
参考:
河瀬直美 公式サイト:Naomi Kawase Official SIte [Link]
河瀬直美 (Wikipedia) [Link]
殯の森 (Wikipedia) [Link]
河瀬直美氏インタビュー(イノベーティブ・ワン) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です