日本代表 中田 敗退“ドリームチーム”選出 [Link]毎日新聞



おもしろそ。
 > 国際サッカー連盟(FIFA)はW杯の大会公式サイトで、
 > 1次リーグで敗退したチームの選手で構成される「ドリームチーム」を発表し、
 > MFで日本の中田英寿(29)を選出した。
 > これは大会を去った偉大な選手たちに敬意を表し、
 > 7月9日の決勝に出場するチャンスはないが、
 > このチーム編成なら優勝トロフィーを掲げる可能性が高い「ドリームチーム」を考えてみようという企画。
 > 守護神はチェコのGKツェフが務め、4バックの守備はコートジボワールのエブエ、
 > クロアチアのR・コバッチ、セルビア・モンテネグロのビディッチ、韓国の李栄杓(イ・ヨンピョ)。
 > MF陣は中田の他、トリニダード・トバゴの大黒柱ヨーク、
 > チェコの名手であるロシツキーとネドベドが入り、FW陣はコートジボワールのドログバ、
 > セルビア・モンテネグロのケズマンだった。
 > 控え選手は5人が発表され、GK川口能活(30)も「ドリームチーム」入り。
 > 川口はチームの苦境をスーパーセーブで救ったが、
 > ツェフと世界最高のGKの呼び名を争える選手は少ないとの論評。
 > MF陣ではネドベドとロシツキーは不可欠の選手で、ヨークはタックル数が素晴らしく、
 > 中田は日本のスター選手だと評された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です