日本とつながるNIPPON -迎える- [Link]リビングデザインセンターOZONE 6・7F OZONE情報バンク



そして日本つながりで、同じくオゾンにて。
 日程:2007年1月18日(木)~3月27日(火)
 場所:6・7F OZONE情報バンク
 > 昨日からOZONE情報バンクで新しいイベントが始まりました。
 > テーマは「日本とつながるNIPPON~迎える~」です。
 > 一言でいうと、迎える心と空間をキーワードにして、
 > 現在の生活にかつての日本の住まい方をとりいれてみよう、ということです。
 > 私の家はよくあるタイプの3LDKのマンションです。
 > これもよくあるように一つだけ畳の部屋があります。
 > 庭からとりこんだ洗濯物はフローリングスペースの奥にある
 > この畳の部屋にいれます。
 > フローリングの部屋と畳の部屋とでは、
 > 機能だけではない何か精神的に異なるものを感じています。
 > スリッパを履いたまま畳の部屋にあがるなんて考えられませんし。
 > またリビングルームにあるこたつのまわりに
 > 4人家族があつまって食事をすることが多いです。
 > ダイニングルームにテーブルはあるにもかかわらずです。
 > 初詣で買った破魔矢をどこにおいたらいいか困っています。
 > 5月5日には菖蒲湯にはいります。
 > 風や自然光が入らないと、体の調子が悪くなる気がします。
 > 親から伝えられてきた住まい方のちょっとしたことを
 > 実際に今の生活の中にとりいれられたとき、
 > 快適さと満足を感じる自分がいます。
 > OZONEで30代の方の意識調査をしたところ、わが子に伝えたいこととして、
 > 日本の伝統文化をあげた方が多くいました。
 > また、8割以上の方がなんらかのかたちで「和の暮らし」
 > をとりいれたいと考えていました。
 > そうか、私と同じように考えている方は多いのだな、というのが率直な感想です。
 > 今回の企画でOZONE情報バンクが表現しようとしているメッセージは、
 > きっと多くの皆様になんらかの気づきになってくれるのではないか、
 > と期待をしています。
 > 皆さま、ぜひOZONEまで足を運んでください。
 > そして色々な声をお聞かせください。
 > 皆様のご来館を心よりお待ち申し上げております。
 > OZONE情報バンク 下村貴則


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です