新幹線のぞみと大和言葉 [Link]阿川佐和子



大和言葉つながりでメモ。
「日本国鉄の列車の名前は歴代すべて大和言葉でつけられてきた」
という経緯を父親から聞き、候補にあがっていた「希望」を大和言葉にして
「のぞみ」にしてはどうかと提案したそうです。
 阿川佐和子×葛西敬之(JR東海会長)
 週刊文春 2007年3月15日号
 葛西 新幹線の「のぞみ」は阿川さんが命名されたんですよね。ご記憶ありますか?
 阿川 深くありますっ! 名前を決める委員に選ばれて伺ったら、
 すでに「希望」「きらら」「つばめ」「エース」などの候補が幾つかあって……。
 葛西 二十ぐらいあったんですね。
 阿川 私はノーアイディアだったから列車好きの父に相談したところ、
 「一つだけ言っておく。日本国鉄の列車の名前は歴代すべて大和言葉でつけられてきた。
 候補の中では『つばめ』しかないなあ」と。
 でも、「ひかり」より速い新幹線が「つばめ」ってわけにもいかないって話になり…・・・。
 葛西 僕もそう思いました(笑)。ただ漢語も英語もカタカナもよくなくて、
 伝統を守ったほうがいいという阿川さんのお父さまのご意見はその通りだとも思っていました。 
 阿川 委員会では「希望」と「太陽」が有力候補になっていたんですが、
 私が最後に「一応父からの伝言なんですけど、
 日本の列車の名前はすべて大和言葉で付けられてきたそうです。
 『希望』を大和言葉にすると『のぞみ』ですね」とだけ申し上げたんですよ。
 そうしたら、「あ、そうですね。考慮に入れておきましょう」と。
 まさかそれが受け入れられるとは思ってなかったから、
 決まったときは「ウソッ、どうしよう!?」って慌てました(笑)。
 > 阿川佐和子が父(阿川弘之)より「日本の特急の愛称はすべて大和言葉を使っている」
 > とのアドバイスを受け、名前の候補のうち当時最有力となっていた、
 > 漢語である「希望(きぼう)」を大和言葉である「のぞみ」と読み変えてはどうか、
 > とJRの名称決定会議に提案したものが採用されたとのこと。
参考:
新幹線と大和言葉 (文春、くしゅん!) [Link]
のぞみ 列車 (Wikipedia) [Link]
阿川佐和子 (Wikipedia) [Link]
オーラの泉と江原啓之と美輪明宏の情報 | 阿川佐和子さん [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です