文学の触覚展 [Link]東京都写真美術館



小説の中で描かれた風景を視覚化し、純文学とメディアアートの「接点」に迫る企画展。
写真は、穂村弘「火よ、さわれるの」+石井陽子「情報を降らせるインタフェース」。
手のひらに文字を投影するというもの。
 日程:2007年12月15日 ~ 2008年02月17日
 時間:10:00~18:00 木曜日は20:00まで, 金曜日は20:00まで
 場所:東京都写真美術館 地下1階映像展示室
 休館:月曜
 料金:一般 500円、学生 400円、中高生・65歳以上 250円。1月2日(水)は無料。
 12月28日(金) 10:00~18:00、2008年1月2日(水)~4日(金)11:00~18:00。
 出展:川上弘美、児玉幸子、松浦寿輝、近森基、久納鏡子、平野啓一郎、
     中西泰人、穂村弘、石井陽子、舞城王太郎、dividual、遠藤拓己、
     ドミニクチェン、松山真也、森村泰昌、森野和馬 他
 > 本展では、純文学と視覚芸術・メディアアートとの接点に焦点をあて、
 > 現代に活躍する文学作家とメディアアーティストのコラボレーションを行います。
 > 本来は読む人のイマジネーションにゆだねられる文学作品の世界を、
 > 多様なかたちで視覚化します。
 > 展示を構成する3つのパート、
 > ①テキストを耳で聴く/目で見る、
 > ②小説の中に描かれた風景の再現、
 > ③古典作品へのオマージュ、について、
 > 講談社『群像』と NHKエンタープライズの企画協力を得て
 > 小説家とアーティストによる新作プロジェクトを制作し、
 > 関連事業としてトークや特集刊行を行います。
 > 文学と映像メディアを独自の視点で結びつけ、その共存と、
 > 時には競い合う交差を通して、新たな領域と表現の可能性を開拓し探ろうという試みです。
 > 参加型の作品群に触れ、私たちの手のひらにこぼれる文学
 > と映像メディアの美しさを体験してみましょう。

参考:
東京都写真美術館 > 文学の触覚 [Link]
純文学の世界をメディアアートに-写美で「文学の触覚」展 – シブヤ経済新聞 [Link]
ZAKZAK 純文学と視覚芸術の接点に焦点 [Link]
写真美術館「土田ヒロミのニッポン」「文学の触覚」が開催 [Link]
第11回文化庁メディア芸術祭特設ブログ: 「文学の触覚」文学とメディア [Link]


「文学の触覚展 [Link]東京都写真美術館」への1件のフィードバック

  1. 福島智 (障害学) 爆笑問題のニッポンの教養 – promotion of a barrier-free society

    目が見えず、耳が聞こえない東大教授・福島智さんの特集。 この放送をみて何よりも感…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です