北京とつながる「風鈴」がメディアセンターに出現 [Link]



学校のアンティークPC(Windows95)からなんとか更新。

> 6日(金)、メディアセンター前の吹き抜け部に
> 不思議なアート作品が出現した。
> これはSFC出身のアートユニットflowによる作品
> 「Global Windchime Project(Beijing Version)」。
> 5月7日(土)-23日(月)の期間中、
> 作品は中国にある同じ種類の作品とインターネットで結ばれ、
> ネット上に仮想和音(ハーモニー)をつくりだす。
> 大山子国際芸術祭の出展作品でもある。
> flowの瀬藤康嗣氏はSFC CLIP編集部の取材に対して、
> 「中国では、ほうっておいても地元の人が
> 勝手に風鈴を鳴らしているらしいです(笑)。
> みなさんも、鳴らしたければ、
> 壊さない程度に触っていただいて構いません」とコメントした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です