伊東豊雄展 建築 | 新しいリアル [Link]神奈川県立近代美術館 葉山館



そういえば、葉山でやってたこれ、
メモしわすれてたのでメモしておきます。
新宿オペラシティの展示より、
スケッチやスタディ模型など、詳細に制作プロセスを垣間見ることができます。
 日程:2007年06月09日(土)~09月02日(日)
 時間:09:30~17:00
 場所:神奈川県立近代美術館 葉山館
 休館:月曜日 *7/16(月)は開館、7/17(火)は休館
 料金:一般 1000円、学生 850円、65歳以上 500円、高校生以下・障害者は無料
 
 > このたび「伊東豊雄 建築|新しいリアル」展を開催いたします。
 > 伊東豊雄は人間の身体と自然を発想の元にしながら、
 > その発想をコンピューター・テクノロジーに応用して、
 > 新しい構造をもった建築をつくりだしています。
 > 伊東の近年の建築は、私たちを日常的な身体感覚とは
 > 異なる体験へと誘うような構造をもち、国内はもとより
 > 国際的にも極めて高い評価を受けています。
 > 本展覧会では、2001年に完成した《せんだいメディアテーク》から、
 > 現在進行中の《台中メトロポリタン・オペラハウス》にいたる9つの
 > プロジェクトを中心に、伊東の建築思想とその実践を具体的に紹介しています。
 > それらに共通する「エマージング・グリッド(生成する格子)」という考え方は、
 > 伊東の建築思想の核となるものです。一般に均質な
 > 四角い格子を単位にして組み立てられている建築に対し、
 > 人間の柔らかい感覚に合致するようにグリッド(格子)を曲線的に
 > 柔軟に変化させていくことを意味していますが、
 > それは建築の構造を自然に近づけることでもあります。

参考:
伊東豊雄展|東京オペラシティアートギャラリー [Link]
伊東豊雄 (Wikipedia) [Link]
INTERVIEW: 伊東豊雄 (FLAT.net) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です