人体の不思議 横浜展 [Link]misteries of the human body


大人気のため、何度も登場、人体の不思議展。
脳みそをもったりできます。
ペピンポートついでに行ってみようかな。
 日程:2006年3月18日(土)~2006年6月18日(日)
 場所:横浜産貿ホール
 > 標本といえば、20世紀後半まではホルマリン容器に入った白色の保存臓器や、
 > 模型のがい骨などを使っており、医師ですらその匂い、標本の扱いにくさに困惑していました。
 > そのような難問を解決した標本が、今回の『プラストミック標本』です。
 > 新技術で作られたプラストミック標本は匂いもなく、また弾力性に富み、
 > 直に触れて観察でき、常温で半永久的に保存できる画期的な人体標本です。
参考:
人体の不思議展公式サイト [Link]
メキシコ:本物の人体使った標本展(毎日新聞) [Link]

← Previous post

Next post →

1 Comment

  1. 人間 [Link]
    作・絵:加古里子

    人間について。 こうして並べてみるとこのシリーズで扱われる対象は 科学雑誌ニュ…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebook
Facebook
Google+
PINTEREST
INSTAGRAM