人体の不思議展 [Link]



 日程:2004年2月1日(日)まで
 時間:11:00-20:00(最終入場19:30)
 場所:東京国際フォーラム1F
 > 元来 医療現場という特定の世界でしか知りえない人体解剖標本を
 > 一般に公開することを可能にしたプラストミック標本。
 > 人体の構造や巧妙な仕組みへの理解は 例えば自分が病にかかった時
 > 医師から受ける診断に対する理解にも関係してきます。
 > 海外では早くからインフォームド・コンセントという患者の意思を反映させ
 > 医療計画を立てていく考えがありました。
 > すなわち
 > 「自分自身が自分のからだを知らなければ 医師とのコミュニケーションが図れない」
 > という考え方です。
 > 本展は 一般に公開し 人体標本を通じて「人間とは」「命とは」「からだとは」「健康とは」を
 > 来場者に実感していただき その人体標本が「自分自身である」
 > との共感を得ることを 本展覧会の主旨とします。
 > プラストミック人体標本:
 > 人体標本は20世紀までは模型の骸骨
 > またホルマリン容器に入った白色の保存臓器などを使っており
 > 医師ですらその匂い 標本の扱いにくさに困惑していました。
 > そのような難問を解決した標本が 今回のプラストミック標本です。
 > 新技術で作られたプラストミック人体標本は匂いもなく
 > 手で触っても汚れる事なく また弾力性に富み じかに触れて観察でき
 > 常温で半永久的に保存できる画期的な人体標本です。
 > 本展に展示されている人体プラストミック標本は
 > 全て生前からの意志に基づく献体によって提供されたものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です