中村拓志 「空気の家」 [Link]リビングデザインセンターOZONE



最近、いろんなところに登場する中村さんがオゾンで展示。
「空気」に包まれた「家」を展示するそうです。
上の写真は、トップランナーで模型をみせながら解説していた “Dancing trees,Singing birds.”
既存の木を立体的に計測しその木の形状にあわせて建築をレイアウトしている。
環境に寄り添って建築をデザインするいい見本。
10年とか50年といった長期間でみたときにどう適応できるか見守って行きたいところです。
 > 訪れた人に、ある種の感情を喚起させる、
 > エモーショナルな空間をつくりだす建築家 中村拓志。
 > 本展覧会では、現在までのプロジェクトを紹介しながら、
 > 写真や言葉だけでは伝わらない、
 > 訪れることで実感できるNAPの空間の一端を実現します。
 > 建築と人との新しい関係、距離感を、
 > 身体的な感覚からデザインすることで両者の関係がより親密なものになっていく姿に、
 > これからの建築の可能性を感じてください。
 > EPSONの優れたインクジェット技術は、
 > 空気のように軽い素材「スパーオーガンザー」への出力を可能としました。
 > この技術にインスパイアされた中村拓志は、普段目に見えることはないが、
 > 人々が生活する上で非常に重要な空気を空間の構成要素と考え、
 > 今までに全く体験したことのない「空気」に包まれた「家」を実現します。
 > 本展は若手クリエーターを支援するプログラム〈OZONEサポート展〉の一環です。

参考:
建築家 中村拓志 トップランナー NHK教育 [Link]
中村拓志 & NAP建築設計事務所 [Link]
中村拓志 & NAP建築設計事務所 News [Link]
BS-i | 超・人 建築家/中村拓志(なかむら・ひろし) [Link]
中村拓志(建築家) – 情熱大陸 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です