世界最速の増殖能力をもつスーパー珪藻。高松の干潟で発見! #香川


香川大瀬戸内圏研究センターの一見和彦准教授が、
香川県高松市内の干潟に生息する珪藻(けいそう)が
普通の増殖限度をはるかに超える「スーパー珪藻」であることを発見したそうです。

珪藻の種類は「キートケロスサルスギネウム」
一般的珪藻の増殖は一日当たり1~3分裂程度、
スーパー珪藻は熱に強く一日当たり10分裂程度と三倍以上の増殖能力。
一つの細胞が一日で千倍以上になるスーパー珪藻の増え方は常識外れ。

・二枚貝や動物プランクトンの餌の生産
・バイオ燃料の有用物質の生産
・二酸化炭素(CO2)の吸収源

などに役立つ可能性


写真:高松市の春日川の下流には貴重な干潟があります。

世界最速の増殖/高松の干潟でスーパー珪藻確認 – 四国新聞

香川大瀬戸内圏研究センターの一見和彦准教授は17日、香川県高松市内の干潟に生息する珪藻(けいそう)が従来の増殖限度を大幅に超える、一日当たり10分裂程度のスピードで増殖する「スーパー珪藻」であることを発見したと発表した。一見准教授は「海洋に生息する光合成生物の中で、世界で最も速く増殖する珪藻と思われる」とし、今後は水産生物の餌やエネルギー分野などでの活用に向け研究を進める。

小林弘珪藻図鑑〈第1巻〉
小林 弘 真山 茂樹 長田 敬五 出井 雅彦 南雲 保
内田老鶴圃
売り上げランキング: 886958

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です