世界最大の写真、撮影開始 格納庫をカメラに仕立て – 北海道新聞


世界最大の写真、撮影開始 格納庫をカメラに仕立て [Link]
北海道新聞

同じく誤次元で巧君が教えてくれた記事。
実は、3年くらい前からつくってみたい新しいカメラのアイディアがあって、
たまに社長に話しているのだけど、まだ未完成。つくりたいなー。
 カメラオブスキュラ(camera obscura)
 暗い部屋の意。カメラの語源。
 小さな穴から入る光が 対面の壁に外の光景を
 倒立像に映し出す現象の起きる暗い部屋や暗箱。
 現在のカメラの原理の発見につながった。
 > 飛行機の格納庫を巨大なカメラに仕立て、
 > 世界で最も大きい写真を撮影する試みが14日、
 > 米カリフォルニア州アーバインの旧エルトロ海兵隊基地で始まった。
 > 成功すれば、「世界で最も大きなカメラと世界最大の写真」としてギネスブックに認定されるという。
 > AP通信によると、格納庫の一方の壁に小さな丸い穴をレンズとして開け、
 > 反対側の壁に取り付けた縦約10メートル、横約33メートルの特大印画紙に、
 > レンズの向こうの風景を焼き付ける。
 > 最長10日かけて撮影した後、プールで現像する。必要な現像液は約760リットル、
 > 定着液は約2270リットル。うまくいけば2週間後には、
 > 管制塔や滑走路をとらえたモノクロ写真が仕上がる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です