三田の「家」プロジェクト [Link]慶應義塾大学インターキャンパスプロジェクト / 三田商店街振興組合



そして、東京新聞で坂倉さんの記事をみつけたのでメモ。
こういう場がつくられていく様子はなんだかわくわくします。
 > 「三田の家」は、慶應義塾大学インターキャンパスプロジェクトと
 > 三田商店街振興組合が共同し、教員、学生、商店街、
 > その他からなる有志メンバーによって進めるプロジェクトです。
 > 「大学の傍らにある、自主運営のラウンジ的な教室」を目指して、
 > 2006年5月より大学の程近くに木造住宅を借り受け、
 > 約半年にわたって改装工事と企画作業を進めてきました。
 > 2006年9月30日より活動をはじめ、まず来春までの半年間は、
 > メンバーによる日替わり運営など試験的な場づくりを試みます。
 > 大学のある街・港区三田ですが、地域と大学の関係はかつてほど密接ではなくなっています。
 > 居心地の良い喫茶店や古書店も少なくなり、学生も、教員も、
 > 大学の周辺で時間を過ごすことはあまり多くはありません。
 > また大学のキャンパス内にも、外部社会に対してはもちろん、大学の内部においてすら、
 > 自由な交流の起きうる場が開かれているとはいえないのが現状です。
 > そこで私たちは、従来「異分野」「多文化」「異組織」ゆえに、
 > 近隣で生活していても出会うことの稀であった人たちがカジュアルに出会い、学びあい、
 > 交歓する場(インター・キャンパス)の創出を目指してこのプロジェクトをスタートさせました。
 > 学生・教職員と地域住民、留学生と日本人学生、地域の在勤者と商店主などが、
 > 日頃の制度的バリアから半ば解放され、
 > カジュアルに交わりながら様々な活動を共に行なっていけるような、
 > 「教室」と「居酒屋」との中間的な場をイメージしています。
 > ここから、新しい「学び」や「出会い」、「まちづくり」の形が生まれてゆくことを期待しています。
 > 公式サイトより一部抜粋
参考:
取り戻そう“学生街三田” (東京新聞) [Link]
「三田の家」プロジェクト : ARCHIVE [Link]
SAKAKURA kyosuke | web site [Link]
港区三田商店街 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です