モルフォタワー MorphoTower [Link]児玉幸子 Sachiko KODAMA



そして、3つめ。これも驚いた。
磁性流体をつかった彫刻作品。気持ち悪くて素敵。

 > 磁性流体による有機的でダイナミックな造形を間近で体感する
 > 黒い液体が生き物のように鉄の塔を這い上がり、有機的な質感の彫刻となる作品。
 > 「表面の質感がダイナミックに変化する有機的な塔」がコンセプトのこのシリーズ。
 > 液体はとがることもあれば、毛むくじゃらのようになったり
 > 薄く鳥肌が立つようになったり、様々な表情を見せる。
 > 液体の正体は、磁性流体と呼ばれる物体。
 > 磁力に反応しやすい鉄分などの微粒子を散りばめた液体だ。
 > 磁力線に沿って液体が引っ張られるので、トゲトゲが出来たりするもので、
 > この作品では、電磁石の電圧をコントロールすることによって、
 > この液体を吸い付いたり離れさせたりし、
 > あたかも生きているかのように見せている。
 > 液体だけに、同じく磁力に反応する砂鉄などよりもなめらかで
 > 美しく変形できるわけだ。
参考:磁性流体のアートプロジェクト 「突き出す、流れる」 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です