マザーフードマガジン 「旬」がまるごと [Link]食材を切り口にしたカルチャー誌



「トマトだけ」とか「マグロだけ」とか、ものすごく振れ幅が狭いのに、
なんかいろんなことがこの雑誌でできる気がします。
なんでもかんでも扱いますよっていう雑誌なんていらない。
企画って絞ることなんだなっと改めて考えさせられました。
フードグラビアっていうのがいい。
 7月号「まぐろ」
 006 フードグラビア:まぐろ×川内倫子
 築地市場、午前4時。写真家 川内倫子が
 まぐろを通して「生死の境」を垣間見た。
 9月号 「トマト」
 006 フードグラビア:トマト × 中平卓馬
 写真家・中平卓馬がトマト農園を目指した。
 どんな食材も、その生産や流通や消費のシーンには、
  常に “人” が関与している。このグラビアで撮影されたのは、トマトの有難みだった。
 > 『「旬」がまるごと』とは?
 > 『「旬」がまるごと』は食材を切り口にしたカルチャー誌
 > 毎号ひとつの食材を徹底的に解剖します。
 > そして「食べたい」「つくりたい」「知りたい」に応えます。
 > つまり、とっても新しい食の雑誌です。
 > 『「旬」が まるごと』は、日本人の「食生活」と「食のリテラシー」を
 > 豊かにする雑誌になりたい。と願っています。
 > 発行日 奇数月20日発売 価格580円(税込) 全国の書店で販売中

参考:
菊地敦己 (Wikipedia) [Link]
Bluemark [Link]
青森県立美術館 [Link]
森田釣竿の航海日誌: マザーフードマガジン&渋谷ジャック! [Link]
[on]マザーフードマガジン「トマト」|広告のはなし [Link]
「旬」がまるごと マザーフードマガジン (関心空間) [Link]


「マザーフードマガジン 「旬」がまるごと [Link]食材を切り口にしたカルチャー誌」への3件のフィードバック

  1. 坂口くん、こんにちは!
    結局なかなかお会いできず、残念です
    近々よさそうな展覧会、舞台等でご一緒できそうならぜひ
    「旬がまるごと」は編集長の方とお話しするんですが、
    彼はとにかく旨いものが大好きで仕方なくてここまで命か
    けてるらしく、次のさつまいもなら入稿まで頭も身体も完
    全にさつまいもだけ、という、その姿勢が気持ちよいです
    その潔さが紙面に現れてますよね

  2. そうだねー。もうずいぶんすれ違いですね。
    どこかでお会いできる日を楽しみにしてます。
    旬がまるごと、とてもいい企画だよね。
    まさに潔さだね。細く深く掘り下げているんだけど、
    マニアックに専門的な内容でも一般の人が
    面白いと思えるような工夫がしてある。
    僕も図鑑みたいに、身の回りを切り取ったものを
    出版してみたいので、とても勉強になりますっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です