ベスト・サイン・ジャパン220 [Link]BEST SIGN DESIGN IN JAPAN SELECTION 220 1996-2005



里見くんに会いに西巣鴨のアートネットワークジャパンへ。
この本を薦められる。これは買いですよ!
1996年から2005年の各年のサインデザイン大賞、
優秀賞、準優秀賞、奨励賞ほか220物件を収録。
 > 新しい都市の表現
 > 現代の都市や街並みからサインがまったく無くなったら、人々の生活はいったいどうなるのであろう。
 > 車は混乱をきたし、危険で無秩序になり、人は安全に行動ができず、一歩も外に出られない。
 > また賑わいや活力がなくなり、経済は低下する。このことからも、
 > サインは安全な社会生活を営むためになくてはならないものであることがわかる。
 > その反面、サインデザインの質や掲出される量などにより、
 > 街の景観や地域環境に対して不快感や悪影響を与えるのもサインである。
 > そういう意味でもサインの重要性は社会的に増々高まっている。
 > 巻頭言より 社団法人日本サインデザイン協会会長 井原理安
参考:ベスト・サイン・ジャパン220(JDN) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です