プロジェクトX [Link]首都高速・東京五輪への空中作戦



番組:1ch NHK
日程:2005年4月5日 21:15~22:00

> 1100万人が暮らす世界一の過密都市・東京。
> 立ち並ぶビルの中を縫うように走る道がある。
> 「首都高速」。自動車専用二車線道路。
> 高架橋にトンネル、曲がりくねった数々のジャンクションを一気に抜ける。
> 実はこの道、あの東京オリンピックの成否を懸けた道路だった。

> 敗戦から14年が経った昭和34年。
> 日本は、ある一大イベントの開催に沸いていた。
> 「東京オリンピック」。敗戦国日本の復活を全世界にアピールする。
> だが、そこに大問題が持ち上がった。
> 首都を大混乱に陥れていた交通渋滞である。一極集中にモータリゼーション。
> 都心部の信号は朝から晩まで2度待ちしても渡れない始末。
> 羽田から大会会場となる代々木まで、なんと2時間も掛かった。

> その時、立ち上がったのは、
> 焼け野原となった東京の復興に懸けてきた東京都庁の技官たち。
> オリンピックまで、わずか5年。すごい手に打って出た。
> 「用地買収がいらない川の上や道路の上を通る高架橋の空中道路を造ろう」。

> しかし、技術者達の前に、すぐ大きな壁が立ちはだかった。
> 4本の高速が合流する江戸橋ジャンクション。
> 上下3層の構造となるが、それを支える橋脚は実に100本。
> ビル地帯の現場には橋脚を立てられる場所が少なく、建設不可能だった。
> さらに、皇居すぐ脇の三宅坂。警備の都合から、高架橋案が却下。
> 急きょ、トンネルへの変更を余儀なくされた。
> そこに、致命的な問題も噴出。
> なんと、羽田空港付近の工事に乗り出そうとした時、
> 地元の漁師たちが「工事をすれば、海苔(のり)の養殖に影響が出る」と、
> 工事差し止めを要求しだしたのである。

> 絶体絶命のその時。日本各地から加勢の声が上がった。
> 戦後、軽く丈夫な鋼材造りに懸けてきた室蘭・日本製鋼所。
> 世界最強、トンネル用支柱造りを買って出た大阪の水道管メーカー・久保田鉄工。
> そして、漁場を荒らすことなく工事ができる
> 魔法のトンネル「沈埋函」建造には、日本造船界から石川島播磨重工。
> プロジェクトは、戦後日本の復活を担ってきた総勢130社・10万人の闘いとなった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です