ブックアートギャラリー "冊 (satsu)"



先日、仕事で松岡正剛さんが企画し、
千鳥ヶ淵にオープンしたギャラリーに行ってきました。
なかなか素敵な本棚がそろってました。
仕事というのは、このイベントのフライヤーデザインです。
 > これまで現代ガラスをはじめ工芸を紹介する「コンテンポラリーアート NIKI」の活動に、

ブックアートギャラリー “冊 (satsu)” [Link]

 > 文庫本を収容する書棚、名づけて「糸宿房」と、
 > 全集を収容する書棚、名づけて「棚集居」の二つの書籍空間。
 > さらにカフェ「茶・Cha」を併せ持つ、全く新しいギャラリーとして、
 > 2004年夏に、千鳥が淵にオープンいたしました。
 > 書籍編集を松岡正剛氏に、空間設計および書棚インテリアを建築家の内藤廣氏に依頼。
 > ギャラリーの命名は松岡正剛氏によるものです。
参考:ブックアートギャラリーが千鳥が淵のオープン(千夜千冊) [Link]


「ブックアートギャラリー "冊 (satsu)"」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です