フランク・ロイド・ライトと日本 [Link]美の巨人たち テレビ東京



美の巨人がフランク・ロイド・ライト特集。
主に落水荘にいたるまでの経緯や
日本の伝統建築や浮世絵からの影響について。
 日程:2007年02月02月10日
 時間:22:00~22:30
 > 1937年、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ郊外の森に
 > 世界で最も有名な個人住宅が建てられました。
 > それは、建物から滝が流れ落ちるデザインから、
 > フォーリング・ウォーター=「落水荘」と名づけられています。
 > 作者は20世紀のカリスマ建築家、フランク・ロイド・ライト。
 > 当時70歳。滝の上に家を作るという驚くべき発想をした天才の素顔とは…。
 > ライトの作品には、常に日本の影があります。
 > 1893年のシカゴ万国博覧会で、宇治の平等院鳳凰堂を模した日本館
 > “鳳凰堂”を目にしてから、彼は日本の伝統建築に傾倒していきました。
 > 初期の作品は「プレーリーハウス」と呼ばれ、神社仏閣の造形を模していました。
 > この成功により、彼は気鋭の建築家として富と名声を獲得していきます。
参考:
フランク・ロイド・ライト (Wikipedia) [Link]
フランク・ロイド・ライト: DVD: ケン・バーンズ (Amazon.co.jp) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です