ネイチャーボイス エッグサイン


ベスト・サイン・ジャパン220より
webに資料がみつからないのだけど、これはかなりいいなと思ったのでメモ。
日本サインデザイン賞、奨励賞受賞作品。
絵画をみるときに、「引いて見る」と「寄って見る」という言い方をします。
引いてみれば絵の全体が見え、寄ってみれば筆遣いが表れてくる。
ランドスケープデザインにおいてもそれは同じ。
そんな、”引き”と”寄り”をうまくコントロールしたデザイン。
 所在地:愛媛 八幡浜
 完成年月:1999年4月
 デザイン:株式会社八代サイン工芸/岩田功次
 > 植物の根元に設置する小さな卵型のサインは、
 > 歩行者には目立たないが、盗掘しようとする人には見える。
 > また公園管理者等の調査管理の目印になるサインである。
 > 地球上に暮らす全ての生物、自然界の仲間達と人間との共生を考え、
 > 私達のよりよき未来環境を展望するための
 > 意識の喚起につながればとの願いで、この作品をつくった。
 > 50年先を見据えて今から私達がしなければならないことを、考えてみたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です