タカラモノニナッタゴミ – treasured trash



苔で思い出したちょっと面白そうな企画をメモ。

タカラモノニナッタゴミ [Link] – treasured trash

 > treasured trash project (トレジャード・トラッシュ・プロジェクト)は、
 > “サスティナブルな地球のために、デザインが出来ること”をテーマに、
 > ただかっこいいものを生み出せばよかったこれまでのデザイン行為から、
 > 持続可能な未来への自覚と実践を伴ったクリエイティブを
 > パブリックに発信していくことを目指す”デザインプロジェクト=企画開発プラットフォーム”です。
 > 2006年、gift_とASYLの共同プロデュースによりスタートし、
 > プロダクト、インテリア、グラフィック、アートなど、
 > ジャンルを超えたデザイナーたちが多数参加しています。
 > DesignTide 2006にて、初の企画展「treasured trash=タカラモノニナッタゴミ」を開催。
 > エコとデザインの幸福かつ刺激的な融合を目指した作品群で、
 > Daily CasaBRUTUSのベストエコロジー賞を受賞しました。
 > その後も”ゴミ箱から資源ポストへ”をキーワードに、
 > 街のゴミを資源化するための新しいプロダクトやコミュニケーションのカタチを提案。
 > 2007年秋、2006年の企画展で作品として発表された
 > “Stay at Ladder [ステイ・アット・ラダー]”がプロダクトして発売開始となるなど、
 > その成果を日常生活に送りこむ、デザイン×エコロジーのリアルな活動を続けています。
 > “treasured trash project” is a design project focused on ecology with a theme of ”
 > Designing for a sustainable world.”
 > The first exhibition at DesignTide in Tokyo 2006 won
 > the best ecology award of DAILY Casa BRUTUS. Producers are Fumiko Ikeda (gift_),
 > Hiromi Nishi and Naoki Sato (ASYL), and the co-creators
 > are from all design fields of product, space, graphic and interactive, etc.
 > Now we are developing products and communication design
 > to make “design x ecology” a reality, for changing the trash to the resource,
 > and creating a sustainable cycle.

参考:
MTV THINK LOUD with HONDA: タカラモノニナッタゴミ [Link]
ペットボトルをなくすため、再利用するためのデザイン (PingMag) [Link]
スーザン・ベル|BLOG | NEW The New Shoppingbagスペシャル [Link]
影絵が怪物になる | 日経デザイン デザインタイド2006 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です