スガシカオ×桜井和寿 [Link]僕らの音楽 #069 2005.08.16



ちょうど、mantaronの阿部ちゃんと飲んで
風景が想起されるような音楽や場をつくれたらいいね
という話を夜中の3時くらいにしていたのでメモしておこうと思います。
 「夜空ノムコウ」 スガシカオ×YUI(Vo & Guitar)
 オリジナル:SMAP(1998)
 Guitar:小倉博和/Piano:武部聡志
 Strings:四家卯大ストリングス
 「奇跡」 スガシカオ(Vo&Guitar)
 オリジナル:スガシカオ(2005)
 Drum:森信行/Bass:中山優司
 Guitar:間宮工/Keyboard:森俊之
 Chorus:斉藤久美/Chorus:大滝裕子
 「夏陰~なつかげ~」 スガシカオ(Vo&Guitar)
 オリジナル:スガシカオ(2005)
 Drum:森信行/Bass:中山優司/Guitar:間宮工
 Keyboard:森俊之/Strings:金原千恵子ストリングス
「スランプってありますか」という質問に対して、
自分の基準の持ち方しだいでスランプかどうかってかわるでしょ。
だから僕はないかなあ、と桜井さん。
それに続けてスガさん。
「自分に響かないということはないんですか
僕はそうなっちゃってずっとスランプだったんです。
それで曲作りに専念するために山篭りですよ。」
そのちょうど山梨の山に向かう朝、
ポストに桜井さんから“HERO”のCDが送られてきてて
その影響をめちゃめちゃ受けたという。
今でも曲をきくとそれを山に向かう車からの景色を思い出すという。
だから、山から下りてきたときに、
その時に作った曲で構成した6番目のアルバム“SMILE”
をよかったねと桜井さんがいってくれたのが嬉しかったと。
「本人の前じゃ、恥ずかしくてそんなことなかなか言えないんですけどね」
とスガは照れながら言った。(情熱大陸のナレーション風)
参考:スガシカオ公式サイト [Link] / ミスターチルドレン公式サイト [Link]


「スガシカオ×桜井和寿 [Link]僕らの音楽 #069 2005.08.16」への2件のフィードバック

  1. 高1の頃に読んだ雑誌「What’s In?」の中の対談コーナーで、桑田佳祐と小沢健二が対談する回があって、そこで小沢健二が、
    「僕は東京タワーとか、自分が実際に見てるものを書いてるんです。見てるものしか書けないです。」
    と言っていたのを今でもよく覚えてます。
    当時はそこまでピンとこなかったんですが、
    これって大切なことなんじゃないかねと、今はすごく思ってます。

  2. ほおっ、なるほどね。
    ハービーハンコックが東京JAZZ2003に
    当時、17歳で演奏した松永貴志に対して、
     「君は僕が持ってるものは全て持ってる
     だからもう教えることはない。
     ただどんなに優れたピアニストといえども、
     いち市民であることを忘れるな」
    みたいなことを言っていたのを思い出すよ。
    朝ちゃんとおきて運動してご飯たべる。
    人としてしっかりした生活しろって意味かな。
    我らが家訓、”朝を制するもの人生を制する”だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です