サイレント・ダイアローグ: 見えないコミュニケーション展 [Link]ICC NTTインターコミュニケーション・センター



 日程:2007年11月23日 ~ 2008年02月17日
 時間:10:00から18:00まで
 休館:月曜日 (月曜が祝日の場合翌日、ただし2月12日は開館)、
     年末年始(12月28日~1月4日)、保守点検日(2月10日)
 出展:藤幡正樹、銅金裕司、藤枝守、クリスタ・ソムラー&ロラン・ミニョノー、
     ロイス&フランツィスカ・ヴァインベルガー、
     マイケル・プライム、安藤孝浩、tEnt(田中浩也+久原真人)
 > わたしたちを取り囲む自然や環境はつねに変化しています.
 > 環境の変化とともに,そこに生息する生物のふるまいに注意を向けることは,
 > 同様にそこで生きるわたしたちにもたらされる何らかの作用や,
 > ひいては,わたしたちと生態系全体との関係性を見いだすことにつながります.
 > その意味で,わたしたちは,環境から絶えず何らかのメッセージを
 > 受け取っているのだ,と言うこともできるでしょう.
 > 生物は,自然環境と関わり,そこから情報を得ることで,
 > 内部環境の恒常性を維持し,閉じた系(生態系)を形成しています.
 > たとえば,ある生物とそれをとりまく自然環境を,その生物の立場から観察すると,
 > それらが自身に備えたセンサーから得る環境情報を参照することができます.
 > そこから見える世界は,わたしたち人間がとらえているものとは
 > まったく異なるものに感じられるかもしれません.
 > こうした植物や動物,昆虫などの生物同士のコミュニケーション,
 > あるいは生物の生態を調査し,そのふるまいを参照することによって,
 > 人間がそれらとどのように関わることができるかを,
 > 新たな視点から探ることができるのではないでしょうか.
 > 本展覧会では,このような「見えないコミュニケーション」に焦点をあてます.
 > 会場では,生体情報にもとづいて自然環境を可視化,可聴化したり,
 > バイオセンサー技術などを応用して自然環境との関係性を探る作品が展示されるほか,
 > コンピュータによって自然環境をシミュレートし,
 > 新しい「環境」のありかたを模索するような試みも合わせて紹介します.
 > そこから,わたしたちが何を感じ,何を知り,何を学ぶことができるのか,
 > ということを考えるきっかけを提示したいと考えています.
参考:
サイレント・ダイアローグ (NTT ICC) [Link]
ミライナカ | 「サイレント・ダイアローグ [Link]
Tokyo Art Navigation [Link]


「サイレント・ダイアローグ: 見えないコミュニケーション展 [Link]ICC NTTインターコミュニケーション・センター」への1件のフィードバック

  1. 味のものさしをつくる 都甲潔 (人工舌開発者) – development of taste sensor

    世界初の味覚センサーを開発した都甲潔さんの特集。 僕が都市やデザインの領域でやり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です