グーグル米本社副社長兼 日本法人社長 村上憲郎 [Link]カンブリア宮殿 テレビ東京



下の映像は、Eric Schmidt at Google Press Day Paris
 番組:カンブリア宮殿 テレビ東京 検索が、世界を変える
 日程:2007年09月10日
 時間:22:00~23:00
 ゲスト:グーグル米本社副社長兼 日本法人社長 村上憲郎

 放送内容
 > 流行のレストランを探したいとき、コンサートのスケジュールを調べたいとき…
 > いま、人々はインターネットで「検索」する。
 > 検索窓口にキーワードを打ち込むことから始める人が急増している。
 > その「検索エンジン」で、世界シェア6割を誇る企業が、グーグルだ。
 > グーグルは1998年、アメリカ・スタンフォード大学生の2人の若者によって設立、
 > わずか9年で時価総額18兆円にまで急成長を遂げた。
 > 世界中の街の映像を見ることができるグーグルアース、
 > 世界中のテレビや新聞の情報を表示するグーグルニュース。
 > グーグルは常識を打ち破るサービスを次々と生み出している。
 > 実はこのサービス、ほとんどが無料である。
 > では、莫大な収益はどこで生み出されているのか…その秘密は「検索連動型広告」にある。
 > キーワードを検索したとき、それに連動して表示される広告。
 > 利用者が広告をクリックしただけで、スポンサーはグーグルへ、一定の料金を支払う仕組みだ。
 > グーグルはこの広告で、収益の9割以上を生み出している。
 > グーグルが目指すのは、ただひとつ。
 > 「世界のあらゆる情報を整理して、世界中の人がアクセスできるようにする」。
 > 2003年、そのグーグルのCEOにヘッドハンティングされ、
 > グーグル日本法人の代表取締役社長に就任したのが、村上憲郎氏だ。
 > グーグルは、今後どこへ向かうつもりなのか。
 > アメリカ本社の副社長も兼務する村上社長に、聞く。
 今夜の一言
 > 会社を踏み台にして次のステップへ自分自身を自己啓発していくというふうに
 > 仕事なり会社なりを考えたほうがいいんじゃないですか

参考:
Google 会社情報: 経営陣 [Link]
村上憲郎 – Wikipedia [Link]
@IT:新社長に聞く、「Googleで働くには?」 [Link]
@IT:Google CEO、その強さの秘密を語る [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です