オランダ・18世紀の風車に…勝村政信が出会った [Link]ウルルン滞在期 TBS



回転舞台のスケッチをみていたらウルルン滞在記が風車の国オランダ。
風の力で小麦粉をひき、木を切り、水をくみあげる。
なんか木の歯車ががたがた動いているのをみるだけでわくわくする。
1500年代につくられたモダンな風車に感動しました。
「オランダ・18世紀の風車に…勝村政信が出会った~」
下條アトムさんのものまねをついついしたくなる。
 番組:世界ウルルン滞在記
 日程:2007年01月14日よる10時の放送は
 時間:22:00~22:54
 > 今回は俳優の勝村政信(43)がオランダを訪ね、風車を愛し、
 > 風車とともに暮らす男たち―“風車野郎”の生活を体験する。
 > 勝村がお世話になるのは、風車で小麦を挽いて町の
 > パン屋に卸して生計を立てているヨスさん(49)と、
 > その親友で仕事の相棒でもあるヤンさん(51)。オランダでは、
 > 風車は穀物を挽くだけでなく、さま」 ざまな作業の動力として利用されている。
 > 勝村は初めて見る風車小屋の内部の仕組みや、
 > 木を切ったり水を汲み上げたりと風車の動力を使って行われるさまざまな作業に興味津々…。
 > そんな中、勝村は嵐で壊れてしまったヤンさんの風車の修復作業を手伝うことに。
 > 風車野郎たちにとってこれは最も誇らしい仕事。長さ12メートル、
 > 重さ1.8tもある羽根の支柱を、今回はトラックもクレーンも使わず、
 > 人力だけに頼る昔ながらのやり方で取り付ける。風車小屋の周りには、
 > 風車野郎の晴れ舞台を取材しようと地元のテレビ局もやってきた――。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です