オッカムの剃刀 [Link]Wikipedia



オッカムの剃刀(オッカムのかみそり; Occam’s razor; Ockham’s razor)とは、
「ある事柄を説明するのに、必要以上に複雑な仮説を立ててはならない」という指針。
“Given two equally predictive theories, choose the simplest.”
現象を同程度うまく説明する仮説があるなら、よりシンプルな方を選ぶべきである

 > オッカムの剃刀は、何らかの科学的な原理ではなく、単なるひとつの指針であるにすぎない。
 > 二つの道があるときに、どちらを選ぶべきか、という簡便な指針である。
 > それによって選ばれたものが正解であることを保証するものではない。
 > つまり、正解でない場合もある。
 > 要するに、「並立する幾つかの仮説の中から、
 > ある一つの仮説を選択する際に使用するひとつのスタンス」にすぎないのであって、
 > オッカムの剃刀によってある仮説を選択しても、「その仮説が正しい」ということにはならない。
 > 同様に、オッカムの剃刀によって、ある仮説が切り捨てられたからといって、
 > 「その仮説が間違っていた」ということにはならない。
 > オッカムの剃刀は真偽の判定則ではない。このことに注意しよう。
 > しかしながら歴史的に見て、オッカムの剃刀を使うことが妥当だった、
 > と後に判明した事例は比較的多い。
 > つまり、オッカムの剃刀によって切り捨てられてきた無駄に複雑な仮説は、
 > 後に誤りであることが判明したという例が多い。
 > 例えば、天動説における周転円は初期の地動説よりも
 > 観測的に正しく惑星の軌道を予測できたが、
 > 計算があまりに複雑になり、よりシンプルな予測を提示する地動説に取って代わられた。
 > こういう傾向があるがゆえに一部の人に、
 > オッカムの剃刀は真偽の判定に関してきっと有効なのだろう、という誤解も生じるのである。
 > ともあれ、理論を取捨選択する際の実用的なひとつのスタンスとして、
 > オッカムの剃刀の考え方は今でも科学の世界においては有益だと見なされている。
 > ただしオッカムの剃刀は、あくまで理論模索時の便宜的な簡便な指針・手法である。
 > 真偽の判定はこのオッカムの剃刀によって行ってはならないのである。
参考:
オッカムのウィリアム (Wikipedia) [Link]
「オッカムの剃刀(かみそり)」って何? [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です