エリック・モングレイン [Link]Erik Mongrain


エリック・モングレイン。NHKの世界音楽遺産で演奏してました。
この人の人柄、ギター、凄く好きです。
ギターをひざの上において叩いて引く、タッピング奏法。
そして、誕生日が1980年04月12日。僕と一日違いだ。
Youtubeなどを積極的につかって、彼自身が音楽配信しているので、
チェックしてみてください。こういう生演奏が舞台で使えたら面白いなぁ。
ちなみに先日メモした家具としての箱馬hacoumaは、楽器にもなります。
 番組:世界音楽遺産 NHK総合
 日程:2007年06月09日(土)
 時間 :翌日 00:10~00:55
 出演:ゴンチチ、キム・シン、エリック・モングレイン
 
 > 日本を代表するギターデュオ・ゴンチチが、
 > 世に知られることなく埋もれたままの世界各地の希少な才能をもつミュージシャンを訪ね、
 > その人物と奏でる音楽の魅力に迫ります。
 > エリック・モングレイン(Erik Mongrain、1980年4月12日‐)は、
 > カナダ・モントリオール出身の作曲家・ギタリスト。
 > ラップタッピング奏法で有名。自らYouTubeに動画を投稿し、
 > 自身のウェブサイト上でファーストアルバム『Fates』をリリース
 > (ダウンロード販売)するなどインターネットを積極的に活用するアーティストである。
 > モングレインは希有なテクニックを持つアメリカのギタリスト、
 > マイケル・ヘッジス (Michael Hedges) の影響を強く受け、
 > ギターをひざの上に水平に寝かせて両手の指で叩く ラップタッピング を試し始めた。
 > Wikipedia より
参考:
Erik Mongrain公式サイト [Link]
エリック・モングレイン (Wikipedia) [Link]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です