ウィーンの美術館、全裸、もしくは水着着用で入館無料 [Link]



社長の誕生日ということで祭気分で温泉にいく。
ICC閉鎖の話題から飛んで、美術館に温泉(銭湯)展示したら面白いかねとメモ。
ま、全然深い意味はないんだけど。
上野の科学技術館でみかける”びっくり科学”な展示を
ちょっとスタイリッシュにディスプレイしてるだけのものをよくICCで見かける。
場を変えることで価値を転用する作品はめずらしくない。汎用性のある方法論。そしたらこんなニュース。
> 最近ウィーンは暑すぎるって?
> ならヌード絵画のイベントをしている美術館に、ヌードで行ってみないかい?
> 金曜日、ウィーンのレオポルド美術館に全裸、または水着で訪れた人は入館料が無料となった。
> 気温が30度を超える日が続いているため、美術館側が企画したイベントだ。
> 同美術館では、現在『The Naked Truth(赤裸々な真実)』と題された展示会を開催している。
> 美術館の発表によると、正午現在、水着を着た男女合計約300名が来館したという。
> 全裸でやって来たのは10名だとのこと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です