イノベーションの本質 – 野中郁次郎 / 勝見明


イノベーションの本質 [Link]
野中郁次郎 / 勝見明

企画つながりで、
大学の授業の参考図書になっていたこれをメモ。
スポーツ飲料業界の分析から、導き出した”DAKARA”コンセプト。
そのストーリーはあまりに綺麗で、「ほっほーう」というかんじ。

 > 本書はタイトルから連想されるようなイノベーション(革新)に
 > 関する学術的考察が中心の書ではない。
 > ここには、サントリーの飲料「DAKARA」、
 > 日清食品のカップめん「具多GooTa」、
 > さらには「黒川温泉」やアニメ映画「千と千尋の神隠し」など、
 > 近年世間を賑わした13の大ヒット商品が登場する。
 > それらが生まれた現場をつぶさにリポートし、
 > 誰の隣にもいるであろう社員たちが成し遂げた“革新”の本質と、
 > それを支えた企業風土を分かりやすく解読していく書である。
 > 新商品を世に送り出すうえで、コンセプト作りに徹底的にこだわる企業がある。
 > その1つがサントリーだ。小便小僧のCMで知られる「DAKARA」は、
 > 大塚製薬の「ポカリスエット」や日本コカ・コーラの
 > 「アクエリアス」がほぼ独占していたスポーツ飲料市場の牙城を切り崩した。
 > 開発チームは2年かけて構築したコンセプトが不十分であったと自ら認め、
 > 発売を延期してまで「真のコンセプト」を求める決断を下し、さらに2年の歳月を費やした。
 > 著者らは日本のビジネスマンの知恵と、
 > 日本企業に宿る伝統の「型」が融合したところに「知識創造」の源泉があると指摘。
 > 多くの企業人が倣うべき理念やモデルを抽出し
 > 米国発のマネジメント手法ばかりに頼るなと訴える。
 > 日経ビジネス 2004/08/09 Copyright©2001 日経BP企画.

参考:
知識創造企業 野中郁次郎/竹内 弘高/梅本 勝博 (Amazon.co.jp) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です