アートコンプレックス1928 [Link]ART COMPLEX1928 京都市中京区三条御幸町



京都つながりでこれもメモ。最近よく耳にするアートコンプレックス。
京都市中京区の旧毎日新聞社京都支局(現1928ビル)3階にある小劇場。
最大客席数は200席余。高さ5メートルのアーチ型の天井。。
エンジェルシステムやファンドを導入している点も注目したい。
年末に「コンドルズ参上!」の書がかかっているのをみた。
 > アートコンプレックス1928は京都市中京区の
 > 旧毎日新聞社京都支局(現1928ビル)3階にある小劇場。
 > 高さ5メートルのアーチ型の天井で、講堂風の舞台。
 > アートコンプレックス1928の名前は、芝居、音楽、ダンス、など様々なジャンル、
 > 芸術性、エンターテイメント性をコンプレックス(複合)したものを発信していきたいということから。
 > 1999年にオープンし、エンジェルシステム、
 > ファンドを導入したロングラン公演などの主催公演をおこなうなど
 > 意欲的に活動を続けている。最大客席数は200席余。
 > Wikipediaより
 > 人気ダンスグループ「ゴンドルズ」公演-アートコンプレックス7周年で
 > 複合アート拠点「アートコンプレックス1928」(中京区三条御幸町)で
 > 12月22日より、ダンスグループ「コンドルズ」の
 > 京都スペシャル公演「2007年メルヘン」が始まる。
 > コンドルズの公演は8回目で、同ホールの7周年記念公演として開催される。
 > 「アートコンプレックス1928」は、1928年に大阪毎日新聞社京都支局ビルとして誕生。
 > 1999年に、3階部分を改装し、演劇、ダンス、
 > 映画などさまざまなパフォーマンスを行えるアートスペースに生まれ変わった。
 > コンドルズは、近藤良平さんを中心にした男性のみのダンスカンパニー。
 > 学校教師や外資系企業勤務など、メンバーは全員異色の経歴の持ち主。
 > 1996年の初演から、その圧倒的なパフォーマンスですぐにブレークし、
 > 海外でも招待公演を行っている。
 > 近藤さんは、第4回朝日芸術大賞寺山修司賞を受賞。最近はダンサーだけではなく、
 > 2004年の氣志團のツアー振り付けや愛・地球博の総合演出、
 > 映画の振り付けなどを手がけ、テレビにも活躍の場を広げている。
 > 烏丸経済新聞より
参考:
アートコンプレックス1928 (Wikipedia) [Link]
『まち未来形 エンジェルシステム-劇団運営の新たな活路』産経新聞夕刊
http://art-space.artcomplex.net/webpan/media/1/20061119-20061016sankei_yukan.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です